歯周病

基本に忠実に、根本的解決に取り組みます

こんな症状ありませんか?

  • 歯ぐきが痩せた
  • 歯が長くなった気がする(歯の根が露出してきた)
  • 歯ぐきに違和感、痛みがある
  • 冷たいものがしみるようになってきた
  • 歯がぐらつく

歯周病のこわさ

症状が現れにくい

初期の歯周病には、むし歯のような決定的な症状(ズキンとした痛み等)がありません。そればかりか、自覚できる症状はほとんど現れません。気づいたら初期・中期を通り越し、重度にまで進行していた、ということが珍しくない病気なのです。
最悪の場合は歯が脱落してしまいます。
定期的に検診を受け、予防、初期段階での治療を行うことが大切です。

顎の骨の吸収が起こっている

歯周病の症状として「歯肉が下がる」というものがありますが、そもそもなぜ歯肉が下がるのかはあまり知られていません。
飲食により口内に付着したプラークが、歯肉の炎症、歯を支える顎の骨の吸収を引き起こし、溶けてしまった結果、歯肉が下がるのです。
一度吸収された骨は基本的に元に戻りませんが、クリーニングにより炎症を抑え、骨の吸収を止めることは可能です。
「歯周病になってしまった」と諦めるのではなく、「ここで食い止めて維持していこう」と考えられるかどうかが、歯と歯肉を永く健康に使えるかどうかの分岐点といっても過言ではありません。

当院がこだわる「根本的解決を大切にした歯周病治療」

スケーリング、ルートプレーニングをとことん丁寧に

フラップオペやエムドゲインといった高度で画期的な治療法もありますが、私たちが生活を営み食事を摂取する以上、口内からプラークがなくなる(完全にゼロになる)ことはありません。となると「いかに少ない状態を継続するか」ということが大切になってきます。
当院では、専用の器具を用いて口内のプラークを徹底的に除去する「スケーリング」「ルートプレーニング」を、時間をかけ、とことん丁寧に行います。
プラークに潜む歯周病菌の数を減らし、リスクをコントロールできる口内環境をつくりましょう。

ご自宅でのケアをサポートし、効果を高める

当院では、歯周病治療の際に行う精密検査のデータをプリントして患者さまにお渡ししております。
「どこが磨けていないか(プラークが付着しているか)」「歯周ポケットの深さ」「歯の揺れ具合」などが分かります。それらを踏まえて、ご自宅でのケア方法をアドバイスさせていただきます。ご自宅で行う毎日のケアの質を向上させ、治療効果をアップさせます。
歯ブラシやケア用品の選び方、使い方につきましても、遠慮なくお尋ねください。

治療内容

精密検査により細菌の数と種類、歯周ポケットの深さなどを計測し、適切な治療へと進みます。

基本的な治療

「スケーリング」や「ルートプレーニング」といった歯周病治療のためのクリーニングを行います。
歯周病の原因となるプラークを、専用の器具を用いて除去します。歯面や歯間、奥歯の裏側、歯周ポケットの奥深くまで、ご自宅でのブラッシングではきれいにしきれないところまで、徹底的にクリーニングを行います。

重度の歯周病治療

基本的な治療を継続して行っても効果が現れない場合、進行が止められない場合には、「フラップオペ」と呼ばれる歯肉を切開してのクリーニング、「エムドゲイン」と呼ばれる歯周組織の再生療法を行います。

ご自宅でのブラッシング・ケア方法の指導

むし歯治療と同じく、ご家庭でのブラッシング・ケア方法を適切に行うことは、歯周病治療において非常に重要な意味があります。
患者さまのお口の状態、生活習慣に合った方法をアドバイスさせていただきます。「忙しくてどうしても磨くタイミングが限られる」という方もご相談ください。

side_inq.png