水沼歯科医院 Blog

2016.05.30更新

みなさん、こんにちは。
大阪市北区にある「水沼歯科医院」、院長の水沼武史です。

今回も、当院でオススメしている被せ物・詰め物である「セラミック」のお話を続けていこうと思います。これまでのブログ記事をお読みでない方は、ぜひそちらも併せてご覧ください。

さて、一口に「セラミック」と言っても、いろいろと種類があります。
そこで、今日はセラミックを使った被せ物のひとつである「オールセラミッククラウン」をご紹介していきます。

これは、名前から想像できる通り、すべてがセラミックで作られた被せ物(クラウン)です。ほかの素材を使っていない、100%セラミックのものですね。
このクラウンの一番の特徴は、やはりその美しさにあります。色の白さだけでなく、その質感も含めて、本物の歯とほとんど見分けがつかないほどに自然な仕上がりが期待できます。
人前に出たり、人と話すことの多いお仕事をしている患者さんなど、審美性を最優先に考えるのであればこちらをオススメしています。

察しのいい方は、オールセラミッククラウンがあるなら、セラミックとほかの素材が混ざったものもあるんだろう、とお気付きと思います。
次回以降のブログで、そういったものもご紹介していこうと思いますので、お楽しみにお待ちください。

投稿者: 水沼歯科医院

2016.05.28更新

みなさん、こんにちは。
大阪市北区にある「水沼歯科医院」、院長の水沼武史です。

前回は、審美歯科の観点からセラミック(陶)製の被せ物・詰め物の特徴をお話ししました。見た目が美しく、金属製よりも衛生的で周囲の天然歯にも優しい、非常に優れた素材だ、というお話でした。

でも、セラミックの被せ物・詰め物をオススメする理由はそれだけではありません。
今日ご説明するのは健康面に直接的に関わることなのですが、セラミックは金属アレルギーの原因にならない、という点です。セラミックは金属ではありませんから、至極当たり前のことです。

元々金属アレルギーをお持ちの患者さんは金属製の被せ物・詰め物を避けるのですが、それまで大丈夫だった人でもある日突然に金属アレルギーを発症することもあります。
こういったケースの方がむしろ大変です。なにしろ、アクセサリーを外すように簡単に被せ物や詰め物を外すことはできないからです。
ですので、そういったリスクを見越して、最初からセラミック製の被せ物や詰め物をチョイスしておくというのも、有効な方法だと言えるでしょう。

なかなか「いつか金属アレルギーになるかもしれないから……」とは考えられないかもしれませんが、長期間お口の中に残るものですから、最初に慎重な検討をしておくのも賢いやり方かもしれません。

投稿者: 水沼歯科医院

2016.05.20更新

みなさん、こんにちは。
大阪市北区にある「水沼歯科医院」、院長の水沼武史です。

前回に引き続き、審美歯科の分野から「セラミック」素材を使った被せ物や詰め物についてのお話をしていこうと思います。
その名の通り、陶製の素材で金属製やプラスチック製のものに比べて、メリットが多くあるものです。

まず、何よりも分かりやすいのは、本物の歯と見間違えるほどの美しさです。
例えば、銀歯を見たら誰だって「銀歯だ」と分かりますし、まさか「元からそういう色の歯なの?」とは思わないでしょう。
その点、セラミックは光の透過性や質感に優れていて、白さを調節できますので、天然歯同様の美しさを作りだすことができるのです。

また、金属に比べて汚れやプラークが付きにくい特徴もありますので、虫歯や歯周病の原因になりにくい素材とも言えます。
硬さも天然の歯に近い硬度なので、セラミック自身がほかの天然歯からダメージを受けることも、逆にセラミックが周りの歯に負担をかけることも少なくて済みます。

まとめると、見た目が美しい上に、口内環境や周囲の自分の歯にとっても優しい素材ということが言えるわけです。これが、当院でセラミックをオススメしている理由です。ご興味のある方はぜひご相談ください。

投稿者: 水沼歯科医院

2016.05.16更新

みなさん、こんにちは。
大阪市北区にある「水沼歯科医院」、院長の水沼武史です。

今回から数回に分けて、当院での「審美歯科」についてご紹介をしていきます。
最近では医院の看板に「審美歯科」と書かれた歯医者さんもありますので、ご存知の方もいらっしゃると思います。
簡単に言うと、いかに治療した歯を美しく、自然に見せるかという分野で、歯の被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)、ホワイトニングなどを扱います。

まずは被せ物・詰め物のお話をしていこうと思うのですが、当院でオススメしているのは「セラミック」、つまり金属やプラスチックではない陶製の素材を使ったものです。
虫歯の治療跡を美しく見せたい、金属製の被せ物や詰め物が気になる、という患者さんはもちろん、身体に優しい素材を使ったものを選びたいという方にもオススメできるものです。

次回から、なぜ「セラミック」の被せ物や詰め物をオススメしているのか、本格的にその特徴やメリットなどについてご説明していこうと思っていますので、ご興味のある方はぜひお楽しみにお待ちください。

投稿者: 水沼歯科医院

2016.05.10更新

みなさん、こんにちは。
大阪市北区にある「水沼歯科医院」、院長の水沼武史です。

前にもこのブログで触れたことがあると思いますが、当院は月曜日から金曜日の平日は夜の8時まで開院しています。
昼間はお仕事や学校に行かないといけない方も大勢いらっしゃるでしょうから、そういう方はお仕事終わりや学校帰りに立ち寄っていただければと思います。
どれだけ仕事や学校生活、部活をバリバリ頑張っている人でも、虫歯になることはありますからね。

また、歯の痛みは時間を選んではくれません。
急に痛みが発生したときでも、20時まで診療している当院は助けになれることもあると思います。
そんなときは、まずはお電話をください。空いている時間帯をお伝え致しますので、それに合わせてご来院いただければすぐに治療に入ることが可能です。

昼間にお時間のある患者さんはその時間に、お忙しい方は夜の診療もぜひご利用ください。
ちなみに、日曜日と祝日は休診日となっていますが、土曜日は9時から13時まで診療しています。土曜日の方がご都合が良いという方は、こちらの時間帯に予約を取ってみてはいかがでしょうか。

投稿者: 水沼歯科医院

side_inq.png