水沼歯科医院 Blog

2017.04.03更新

皆様、こんにちは。
大阪市北区にある水沼歯科医院 院長の水沼武史です。
皆様は、ステインという言葉をご存知でしょうか?
時折、歯磨き粉の宣伝文句などで見かけるかと思います。
ステインは、歯に付着する汚れの一つです。
何らかの原因があり、歯に付着する着色汚れのことをステインと呼びます。

実はステインが付きやすいと言われているのが、タバコ、コーヒー、紅茶、緑茶、ワインなどです。
タバコに含まれるニコチンやタールの付着、紅茶、緑茶、ワインなどに含まれるタンニンという色素付着が原因となってステインになります。

もちろん、このような嗜好品を避けていけばステインは減るとも言えますが、それはちょっと寂しいものです。
しかしステインは、そのままにしておくと見た目的な問題だけでなく、虫歯や歯周病の原因ともなりえるものなので、きちんときれいにしていかなければなりません。

まず一番大事なのは、こまめなブラッシングです。
食事後のブラッシングをきちんと行ってまいりましょう。
そして定期的なPMTCも有効です。

それでもステインのお悩みがなかなか消えないというときは、当院ではホワイトニングをおすすめしています。
当院ではご自宅でできるホームホワイトニングを行っておりますので、日ごろのブラッシングと合わせて、ホームホワイトニングを取り入れ、ステインを除去していきましょう。

投稿者: 水沼歯科医院

side_inq.png