水沼歯科医院 Blog

2017.03.09更新

皆様、こんにちは。
大阪市北区にある水沼歯科医院 院長の水沼武史です。
先日のブログで、ブラッシングの仕方だけでなく、お使いになる歯ブラシにも気を配りましょうというお話をさせていただきました。
この間のお話は、古い歯ブラシを使い続けてはいけないという内容でしたが、歯ブラシで注意すべきところはそれだけではありません。
どのような歯ブラシを選ぶか?ということも大切です。

実は可能であればいろいろな歯科医院で、受付で販売している歯ブラシを見ていくと分かりやすいのです。
歯科医師が推奨する歯ブラシですから、当然理想的な歯ブラシなわけです。
しかし患者さまの場合、通常はかかりつけ医がいてその歯科医院に置いてある歯ブラシしか患者様はみることはないと思うので難しいでしょう。

歯科医院に置いてある歯ブラシは大概、基本的にはブラシ部分が小さめになっています。
これは、小さい方が奥歯までしっかりと磨けるからです。
毛先が細く、歯と歯の間に入り込みやすいタイプになっています。
また、ドラッグストアなどで販売されている歯ブラシは波型カットのようなブラシもあると思いますが、これは実はブラッシング効果的にはあまり期待できないというのが実情です。
そのため歯医者さんでは、普通の平らなカットのブラシを多く取り扱っていると思います。

投稿者: 水沼歯科医院

side_inq.png